ネクタイ修理・ネクタイ幅詰め

ネクタイ修理の基礎知識

ネクタイ修理サービス

長年使っているネクタイは、ネクタイの大剣(先端部分)と呼ばれる部分や大剣の両サイドの部分がベルトやワイシャツ部分に擦れて生地が擦れてボロボロになってしまうことがあります。また、剣先だけでなくネクタイの上部もネクタイを締めることによってネクタイの生地同士が擦れてボロボロになることがあります。

 

さらには、擦れた部分の生地はネクタイの色が変わってしまいとても恰好が悪いです。ネクタイをどのくらい使うとボロボロになってしまうかは実際に実験をしたことがないので分かりませんが、おそらく同じネクタイを5年以上毎日使用するとかなりダメージを受けるのではないかと思われます。

 

これらの擦れによるものは、ネクタイの幅つめ、および丈つめをすることによって新品同様に綺麗にすることができます。 ネクタイ修理・幅詰め専門サービス

 

 

ネクタイは幅をつめることができます

ネクタイ修理サービス

さて、意外と知っているようで知らないのが、ネクタイは修理や幅つめができるということです。一体どこでやっているの?と思われるかもしれませんが、普通の一般的なお洋服のお直し屋さんでも受け付けています (やっていない場合もあります)。

 

最近は街のお洋服を直してくれるお店はだんだん少なくなってきているので探すのにも苦労をするかもしれませんね。大型ショッピンセンターには洋服のお直し屋さんがある場合がおおいので探してみてください。また、近所にお直し屋さんがない場合は通販でネクタイのお直しができますので一度トライをされてみてはいかがでしょうか?ネクタイ修理・幅詰め専門サービス

 

 

今流行のサイズはビジネスなら7.5cmです

ネクタイ修理サービス

最近はネクタイの幅が細身になってきており、一般の洋服店で売られているビジネス用ネクタイの幅が7.5cm程度になってきており、これは20年前のネクタイの比べると約1.5cm〜2cmほど幅が狭くなってきています。

 

また、ファッションやおしゃれで身に付けるカジュアルネクタイの幅は6cm程度となっており、ビジネス用よりもさらに1cmほど細身になってきています。ファッションは20年周期で繰り返すといわれていますが、ネクタイの幅に関しては、これからも当分の間は細身のタイプが流行する感じがします。

 

今ビジネスネクタイで一番の人気サイズは7.5cm幅です。人と違っておしゃれにみせたいという場合でしたらビジネスでは6.5〜7cmを目安にすると良いと思います。ファッション業界やIT業界であれば6.5cm程度のサイズが人気です。ネクタイ修理・幅詰め専門サービス

ネクタイのこんなことでお困りではありませんか?

ネクタイのこんなことでお困りではありませんか?

 

ネクタイ修理サービス

・父親からブランド品のネクタイをもらったけれどネクタイ幅が広すぎて、今の流行の幅ではないので、かっこが悪くて使えない。

 

・お気に入りのネクタイの柄なので、最近流行のネクタイ幅に修理をしたい。

 

・誕生日プレゼントに妻からもらったネクタイだけれども、ネクタイの先端がボロボロになってしまったのできれいに直したい。

 

・このネクタイをして営業にでかけると、仕事がとれる運がよいネクタイなので捨てられないで修理してまだ使いたい。

 

・新しいネクタイを1本買うのであれば、古いネクタイを3本修理にだした方がお得。

 

・近所にネクタイの修理をしてくれるところやネクタイの幅詰めをしてくれるところがない。

 

これらのことはネクタイ修理・幅詰め専門サービスでお直しすることが可能です。どんなにボロボロのネクタイでも一度ご相談してみる価値はあると思います。

 

ネクタイ修理サービス

 
スピリチュアルライフコーチ/ セミナー情報/ 心のお悩み相談室/